観劇による現実逃避

昔から演劇を見るのは好きで、大学ではそういうことが学べる学校へ行った。
華やかな劇団というよりは、どちらかというと小劇場系のお芝居が好きなのだ。
現在とあるドラマの影響で、その劇団の公演チケットがなかなか手に入らない状況に陥っているが、人気が出たことはファンとしては喜ばしいことである。

学生時代は都内に住んでいて、観劇にも足が運びやすかったが、今は地方に住んでいるためそう簡単には行くことができなくなってしまった。
それでも2ヶ月に1度は観劇に出かける。
理由としては、ナマで行われる舞台を間近で見ることで、気持ちが高揚し、ストレスの発散にもなるからである。
あの感情は舞台でしか味わえない。
もちろんテレビドラマや映画の演技がどうこうということはないのだが、単純に私は舞台演劇が大好きなのだ。
役者さんの演技はもちろん、小道具から照明の具合まで見るところが多い。
1度見ただけではすべてを理解することは難しいのかもしれない。
また、ブランド的になってしまった劇団のも好きだけれど、特別講演のような演出家主導でキャストが集められれる舞台もまた面白い。
ひいきの演出家の舞台のフライヤーで、「あの人が出る」「この人が出る」などというのも楽しみの一つだ。
ドラマなどに舞台役者さんが出ると、たいていは脇役というイメージだ。
世間一般の人から見てもそういう印象だろう。
けれど、舞台となると彼らが主役なのだ。
脇で妙なおっさんをやっていた人が、舞台で真ん中に立って歌って踊っている。
このギャップを楽しむのも舞台観劇の面白さの一つではないだろうか。