ミスをした時の切り替え方

仕事などで失敗をすると、落ち込むことがあるだろう。
かく言う私も、仕事でミスをおかすと、それはもう激しく落ち込む。
周りの同僚や先輩たちが「大丈夫だよ」と声掛けをしてくれるのだが、「どうしてこんなことでミスを」と本当に自責の念にかられてしまう。

ミスをして何も感じないよりはマシなのだろうが、あまりにも落ち込まれるのもどうかと思う。
とはいえ、自分のことなのだけれど、客観的に見てこれは面倒な人になっているぞと感じる。
周りの励ましは、とても嬉しい。
叱責してくれる人もいるし、それもありがたい。
以後気をつければいいのだ。
しかし、同じミスをしてしまった場合、もう本当に同しようもないな、と思う。
まずもって、ミスを無くすためには、自分で細心の注意を払い、チェックをする。
基本なのだけれど、これが結構できてないことがある。
意識して何度もするのだけれど、取りこぼしがあったりするのだ。
それはさらなる注意を払うことだろう。
また、同僚など第三者に、お手すきなときにチェックしてもらったりもしている。
もちろん上司にもだ。
仕事というのはチームワークで出来ている。
他の人の書類チェックなどは私の方もしている。
コミニュケーションが円滑に行われているのだ。
こうした環境が出来上がっている会社は、自分で言うのもなんだけど、良い会社なんだろうなと思う。
さて、ミスをしてしまった際、自発的に浮上するためにすることは、一度はとにかく反省をすること。
そして、以前のミスをしないよう心がけながら、次には前を向いて業務に取り込む。
私はそういうふうにしている。