食卓を彩るいろいろな知恵

主婦になって、やらなくてはいけないことがあります。
自分がお母さんになって、自分のお母さんもずっとずっと大変な毎日をおくっていたんだなぁと感謝の気持ちがわいてきました。

最近、とくにすごいなぁと思っているのは、朝食にも夕食にも何品ものおかずをしっかりと並べている主婦のブログなどを見た時です。
それも、専業主婦ではなくて、お仕事もされていたりするんですよね。
私も仕事をしているので、どうしても夕食は母にお願いしてしまったり、手抜きになってしまうことがあります。
また、朝食なんてバタバタしていてなかなかちゃんとおかずを用意することなんてできなくて、子どもにはトーストに果物にミルクティーなんて簡単なものになってしまいます。
でも、たくさんのおかずの並んだ食卓って素敵ですよね。
愛情がいっぱいの気がしてきますよね。
それで、どうしたらそんな風にたくさんのおかずを準備できるのだろうと調べてみたんです。
そしたら、皆さん作り置きの物をいくつか準備してあったりしてあるんですね。
たとえば、作り置きの代表と言えば、糠漬けですよね。
前日に入れておけば朝には美味しくできているから、それで和食の場合には一品ができあます。
それから、韓国風のナムルなんて言うのも作り置きにはいいですね。
何種類かのナムルを作っておけば、お弁当にも夕食にも使えそうですね。
皆さん、しっかりといろいろな知恵を使って、素敵な食卓を作り上げているんだなあと思ったら、学ぶことがたくさんありました。

年代物のフライパン

うちのキッチンに揃っている料理道具には、祖父母のお古をもらったものがいくつかあります。
そのひとつがフライパンで、大小二つのサイズの鉄製のものです。

長年使われたものだけが持つ、独特の味わいのあるフライパンです。
ですが、古いものだけにちょっと使いにくいのが難点です。

一番困るのが、料理がフライパンにくっついてしまうこと。
ノンスティックのフライパンのように表面が加工されていないので、お好み焼きやスパニッシュオムレツなどを作ると必ずといっていいほど焼き面がフライパンにくっついてしまいます。

ホットプレートがあればお好み焼きも簡単にできるかもしれませんけれど、うちにはないんです。
今の目標は、鉄のフライパンでおいしいお好み焼きを作ることです。
フライパンですと、その直径と同じサイズのお好み焼きやハンバーグも作れるので、インパクトはありますよ。

さて、最近はキッチン用品もグーンと安くてオシャレになってきています。
また便利グッズもいろいろと登場し、必要か必要でないかはともかく、ついつい買いそうになるのは良くないですよね。
我慢することに必死になります。

無駄買いをしなくなった理由としては、ちょっと考えてみることなんですよね。
それも、冷静に客観的に考えるのです。
使うか使わないかと考えると、使うという回答を出しやすいですから、買ってしまうわけです。

必要か必要でないか、答えは自然に出てくるものです。